伝送交換主任技術者|受験者救済センター|JEReC

設備管理から学習をスタートした場合

◆合格者の比率は、平均32.7%です
設備管理から学習をスタートした場合

「伝送交換設備および設備管理」は、技術系3科目の中では中間のポジションにあたります。
専門5分野の概要を全て横断していることに加え、電気通信システムで出題される「基礎」を内包している位置関係にあります。
それ故に、学習を着手するにあたって、もっともメリットが高い科目と言えます。

事実、統計データで見ても、抜群の合格者比率の高さが窺えます。
伝送交換の勉強においてどこから手を付けてよいか悩んでいる方は、まずは設備管理に着目してみると良いでしょう。

設備管理をある程度マスターした後は、次にどの科目に進むべきか。それは下記の表のように、どの科目もほとんど大差ありません。

伝送交換設備および設備管理から着手した場合(32.7%)

合格者比率 学習順序
32.9% 設備管理 → 電気通信システム → 専門的能力 → 法規
33.3% 設備管理 → 電気通信システム → 法規 → 専門的能力
32.3% 設備管理 → 専門的能力 → 電気通信システム → 法規
32.0% 設備管理 → 専門的能力 → 法規 → 電気通信システム
33.1% 設備管理 → 法規 → 電気通信システム → 専門的能力
32.4% 設備管理 → 法規 → 専門的能力 → 電気通信システム

↑ PAGE TOP