伝送交換主任技術者|受験者救済センター|JEReC

電気通信システムから学習をスタートした場合

◆合格者の比率は、平均20.4%です
電気通信システムから学習をスタートした場合

「電気通信システム」は技術系3科目の中でも基礎的なポジションにあたるため、真っ先に着手することが得策のようにも思えます。
しかし統計データでは、合格者比率はあまり高くありません。

原因としては推定になりますが、当初からある程度の合格できる実力のある人は基礎的な「電気通信システム」にあまり深入りすることなく、中級レベルの「設備管理」に着目しているからではないでしょうか。
それでも、どうしても電気通信システムから学習をスタートさせたい方は、下記の表のように「電気通信システム→設備管理」と進む順序が良さそうです。

電気通信システムから着手した場合(20.4%)

合格者比率 学習順序
20.0% 電気通信システム → 専門的能力 → 設備管理 → 法規
18.0% 電気通信システム → 専門的能力 → 法規 → 設備管理
22.4% 電気通信システム → 設備管理 → 専門的能力 → 法規
22.8% 電気通信システム → 設備管理 → 法規 → 専門的能力
18.4% 電気通信システム → 法規 → 専門的能力 → 設備管理
20.8% 電気通信システム → 法規 → 設備管理 → 専門的能力

↑ PAGE TOP